「親の家の片づけ」これだけは避けたい2つの「買い物」事例

「親の家の片づけ」これだけは避けたい2つの「買い物」事例

夏休みもすぐそこ。

帰省して、片づけるときに、注意しなけれがけないことがあります。
それは、「買い物」です。

 

失敗例だけどお役にたつ事例を2つ、ご紹介します。

 

 

事例1 片づけるよりも先に、収納棚を買ってしまった。

しかも、組み立て式!

 

デパートやショッピングモールなどにいって、久しぶりに家族そろって食事をするというのは、よくあります。

とくに買い物は、予定を決めなくていいので、お手軽ですし、楽しいですね!

 

ある男性から、このゴールデンウイークの29日に、実家を片づけるために帰省し、親がほしがっていた服をかけるためのパイプハンガーを親といっしょに買いに行ったという話を聞いたばかりなんです。

しかも、組み立てないまま、東京に戻ってきたということ・・

 

このパイプハンガー、ご高齢の親御さんが、果たして、かんたんに組み立てることができるのでしょうか?

 

もちろん、いまだに組み立てられていません。

今度の帰省時、つまりお盆に組み立てるとのことです。(追跡調査しなければと思っているところです 笑)

 

 

まだこの方は親御さんがお元気なので、笑っていられますが、本当に部屋がものだらけで介護ベッドがはいらなかったという方もおり、そうなってくると笑えないのです。

 

 

 

このコラムや拙著にも書かせていただきましたが、よくある残念な「買い物例」なんです…
収納棚やグッズは、片づけたあとに買うのが王道です。

 

 

無事に組み立てられたパイプハンガーが、機能したとしても、どうでしょうか。
床置きの服をふやすことになりますので、要注意です!

この方には、買ってしまったものは仕方がないので、クローゼットの前に置くと、クローゼットが開かなくなってしまうので、別の納戸部屋で、冬物のコートなど、季節外れの服をかけるのに使うように、お願いいたしました。

 

私は、パイプハンガーをできるだけなくすように、機会があるごとに、講演や講座でお伝えしています。

私の講座を一度でも聴いて下さった方は聞き覚えがあると思います。

日本中に、たくさん洋服がかかって、いまにも崩れそうなパイプハンガーが床にたくさんありますから、若い方も含めて、どうか減らしていってください。

 

実家の片付け 渡部亜矢

事例2 車で買い物に行って余計な物をたくさん買ってしまった

そのほか、買い物の失敗例としてよくあるのは、子世代が車を運転して、買い物に行く場合です。

 

物を運ぶのが体力的につらい親世代は、食料品やトイレットペーパーなど嵩張るものや、重たいものを、ここぞとばかり、目についたらとりあえず買ってしまうケースが、よくあるのです。

 

 

買い物に行く前に、ストック食品がどのくらいあるかをチェックしたり、洗面所にどのくらいの洗剤やティッシュペーパーがあるのかなど、さっと確認してからお出かけすると、買いすぎを防げます。

 

買い忘れたら、「通販で実家あてに注文すればいいや」ぐらいの気持ちで挑みましょう。

 

 

 

買うのはカンタン。片づけるほうがずっと難易度が高くて、親孝行度も高いのです。

だけどお財布にやさしいですね。

実家の片づけは、おすすめです。

 

 

親のちょっとした話を聞くとか、高いところにある物を下ろす、床置きの物を減らして安全度をふやすといったことでも、親孝行。

もっといえば、親を気にして帰省しただけでも、親孝行ですよ。

 

こっぱずかしい親孝行も、カンタンに、お金を使わずに始めましょう。

片づきます様に。

(渡部亜矢)

 

片づけ最新情報とお役立ちブログはこちら