捨てられない物の整理がうまくいく方法

捨てられない物の整理がうまくいく方法

2016年06月19日

ある70代前半の女性の話です。

 

この女性は、ずっと、子どもの学習机を捨てるなんてとんでもない、と思っていたそうです。

 

 

学習机の上に物をたくさん置いていたので、ここ20年は「外観」がかくれてしまい、あることすら忘れていたそうです。

 

 

捨てるという発想すらなく、机が使われなくなって、30 年経ったそうです。

 

そして、今まで、大事だと思っていたものを、何年もの間、単なる物を置く台としていた自分自身に、ショックだったとのことです。

 

大事な思い出だと思っていた品が、単なる捨ててはいけないという思い込みで、机の上にどんどん物をおいてしまっていたと、気付いた瞬間だったそうです。

 

 

子どもたちもしっかり育ってくれたということに、感謝したら、ふっきれて、捨てようと思ったそうです。

素敵なお話ですね。

 

でも、実家の片づけでは30年というスパンはまだ若年です。

そうはいっても、息子さんはも40歳後半で、使うあても、同居するということも、まったくありません。

 

思い込みと過去を整理することで、この70代後半の女性は、学習机を処分することを選びました。

未来につながる片付けといえるのではないでしょうか。
次は花を飾りたいとおっしゃっていました。
片づけのピッチも、はやくなっていきました。

 

片づけは面倒のようで、ある臨界点を超えると、サクサク進むことがあります。
この女性のように、さくさく進む瞬間を、思い出の整理とともに、掴み取れるといいですね。

 

捨てるのは、物でないということに気が付くことから、片づけはスタートします。

 

 

捨てるのは、物でなく、 思い込みであるということ、

そして、物がなくても、思い出がのこるということを理解すれば、片付けはずいぶん進むのです。

 

どうぞ片付きます様に。(渡部亜矢)

 

 

片づけ最新情報とお役立ちブログはこちら