「開かない窓」攻略でゴミ屋敷化を防げ!実例つきロジック

「開かない窓」攻略でゴミ屋敷化を防げ!実例つきロジック

放置は危険! 片づかないままにしていませんか

開かない窓って、ありませんか。

実はこれ、片づけに悩んでいる方の共通点なんです。

 

広い一戸建てだけでなく、マンションでもあるのです。
物がたくさんあるので、窓が開けられないのです。

どうやら、年齢には関係ないようです。
掃除もしないので、空気を入れ替えようと思わない場合もあります。

 

地震などの災害時、いざというとき逃げられなくなるので、危険ですね。

 

たとえば、20代女子のこんなお部屋のケースがありました。(下のビフォー写真参照)

 

生活が不規則なので、窓を開けようということは、まったく考えたことがなかったそうです。

 

床置きの物から片付けようということになりました。
押入れやクローゼットがあいていたので、どんどんしまっていきました。

そして、大事な映画のポスターが、部屋の隅から出てきました。

仕上げに貼ったら、大喜びしていただきました。

素敵なお部屋になりました。

大事な物は、大事に飾れば、やる気も持続しますね。(下のアフター写真参照)

 

 

 

次に、ある別の20代の女性のケースです。

素敵な出窓に、どんどん物をおいてしまいました。(下の写真参照)

 

毎日仕事で帰りが遅く、何年も開け閉めしなかったため、戸袋に、鳥が巣をつくっていたことも気が付きませんでした。
「開かない」のではなく、開け閉めしなかったので、鳥が巣をつくって、「開かなくなった」ようです。

 

蜂みたいに刺す虫でなかったのが幸いでしたが、場合によっては大事になりますね。
出窓は、素敵なのですが、高さが物をちょい置きするのに、ちょうどいいのです。

気が付くとこんなふうに、鳥にまで好かれてしまったのです。

 

ご自分で片付けるというお約束をしていただきました。

 

 

つぎは、ある70代の女性宅のケースです。
衣装ケースを積んだり、レースの余り布でちょっとしたカーテンを自分で縫ったり、バッグをかけるフックをつけたりして、収納コーナーにしていました。

創意工夫がなされています。

でも、窓際に積まれた衣装ケースは、開け閉めされることは、まったくありません…。

 

とくに下の段は、上の衣装ケースをどかさないと開かないので、とても重たくて動かせないのです。
さらに、大きな地震があると、崩れる心配があります。

 

ご本人はきれいに積み重ねたつもりなのですが、危険とお伝えしなければなりませんでした。

結局、家全体が古くて危険ということになり、しばらくのに、処分してひっこすことを、決意しました。

 

 

…こんな感じで、いろんなところで、開けない、開かなくなった危険な窓際をみかけます。

日本にいたら、地震はいつどこにくるかわかりません。

 

窓周りを見直ししていけるといいですね。
ぜひ片づけて、風通しをよくしてください。

風通しをよくすることは、安全面が確保できるだけでなく、気持ちよさをキープし、リバウンドを防ぐコツでもありますよ!

一緒に片づけていきましょう。(渡部亜矢)