捨てられない!もらい物・細かい小物を片づけるカンタン整理術

捨てられない!もらい物・細かい小物を片づけるカンタン整理術

2016年06月16日

いちばんの困りものは、物ではなかった

 

なんでも使い捨ての世の中なのに、もったいなくて、捨てられませんね。

そのなかでも、ダントツで捨てられないのは、いただきものを捨てられないという方が多くいらっしゃいます。

捨てられた姿を想像して捨てられない方もいらっしゃいます。

 

ある方は、小さな物、おまけ、ストラップ、すべて自分の好みではないけれど、身の周りに置いていました。

その結果、こたつのまわりにはいろいろなものがごちゃごちゃに…。

でも、ずっと、捨てなくっちゃと悩んでいました。

 

 

家族に文句をいわれるのも、つらかったそうです。
超お気に入り、大事なものは、誰が見ても大事に飾ります。

 

どんな安物、がらくたでも、家族からみて、置いてあることに文句をいわれないようにするのです。そして、捨てなくっちゃという、「プレッシャー」を捨てます。

 

捨てないで乱雑に扱われるほうがかわいそうです。

 

なによりも、捨てなくっちゃと自分を責める気持ちが、自分をいじめていることになるのです。

 

ではどうすればいいのでしょうか。

 

捨てられない物は、すぐに捨てなくてもかまいませんので、一度ごみぶくろに詰めてみます。
一時保管にするのです。

多くの人は、見えない物の存在は、忘れてしまいます。

 

実家の片づけ 整理収納 渡部亜矢

 

だいたい早い人で3日、たいてい半年もたてば、心が離れて、スムーズに手放すことができます。

それまで別に保管しておいてください。

 

一度ビニール袋にはいったモノは、たいていゴミに見えてきたりするものです。

あの高かったブランド服(肩パット入り)も、やはりごみでしかないと、子持ちの踏ん切りがつきます。

 

 

気軽に試してみてくださいね。

リサイクルは、結構、上級者向けです。

バザーはスケジュール管理と品質管理、物の売り方のノウハウが必要です。

 

かんたんそうにみえる、ネットオークションは、手続きにそれなりの手間暇がかかります。
ログインしている間に、「やっぱりもったいない」と思って撮って置く方もいるので、避けた方がいいでしょう。

 

寄付とかあげる方法があれば少しずつしてみくてください。

 

 

何よりも、買わないのが、一番簡単で、お財布にもやさしいと、そのうちに身をもってわかるでしょう。

 

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ