ダイエットと片づけ・リバウンドの共通点と緊急対策

ダイエットと片づけ・リバウンドの共通点と緊急対策

2015年12月21日

 

お恥ずかしいことに、 実はこの2週間で、体重が2キロ弱?ぐらい増えていることに気が付きました。

やっとの思いでダイエットしたのに、戻るのはあっという間です。

 

和室

 

ダイエットと片づけでリバウンドするのは、傾向と対策で共通点があります。

質のよくないインプット、つまり、あまり考えずに食べる物の量がふえる
=吟味せずにした買い物が増える……

忘年会などが続き、つい、「今日だけ」なんて理由をつけて食べてしまったり…。
さらに、体重を測るのを怠る=物の総量を把握するのを怠るということになります。

そんなときは、油断すると、部屋も散らかりがちなんですね。
忙しいという理由で机の上が散らかったり。

こういう日が3日も続くと、たいして体力が下がったわけでないのに、なんだか散らかったお部屋をみて、体力までもが下がった気がしてきます。

…ということで、こんなときの最大の対策は、

インプットは吟味する

のが、一番の鉄則。

年末こそ吟味して、買い物上手になる。余計なものは買わない。
足りなくなっても、お正月営業しているお店も、ネットでも買えます。
食べるものも、質を考えると、うまくいきます。
「今日だけ」はずっと続くし、体はほぼ食べ物でできていますから。

インプットを吟味すれば、自然と総量も気になりますから、体重チェック、部屋の物の総量を気にするということも、怠らなくなっていきます。

ダイエットの本当の意味は、体重減ではなく、健康になるということ。
目で見える部屋の散らかりは、心の健康もむしばみます。
片づけなくっちゃ~というマイナスの感情を、なくすだけで快適になりますね。
ダイエットは、食べ物を消化して体の組織となるまでに時間がかかりますが、片づけは、やればその瞬間から
効果を体感できます。

体重が増えたと憂う時間があれば、片づける時間にあてたほうがいいですね。
さっそく、私自身から、生活の中で、とくに今年いっぱい、実践していきます。

余談ですが、
……こんなときは、なぜか、このタイミングでくるのかな、という感じで、実家の片づけも後退の兆しが…

実家の母が、例のごとく、不要な家具を「お宅にぴったり、あげる」と言い出します。
もう、こちらが試されている瞬間です。
口から「いらない」という炎がストレートに出そうになるのを、抑えるのがたいへん。
……「いらない」「捨てて」という直球はNGでしたね!!

…リバウンドの傾向と対策を意識して、年末を楽しく過ごせるといいですね。
ご一緒に、少しずつやっていけると、うれしいです。

はな

(渡部亜矢)