自宅と実家の「ダブル片づけ」と海のライフガードに共通する意外な共通点、

自宅と実家の「ダブル片づけ」と海のライフガードに共通する意外な共通点、

 

季節はずれの話題です。
海に行くと、ライフガードさんの活躍に目が行きます。
海でおぼれている人の命を救うのですから、当然、とても鍛えられた体の持ち主で、泳ぎもうまいので、いつも心の中で、えらいなあといつも尊敬します。

しかも、ライフガードさんやレスキュー隊さんたちは、ただ泳げるだけではだめなんです。
おぼれている人を助けるには、自分もらくらく泳げて、それ以上に陸まで引き上げるだけの泳力が必要。
実はこれ、実家の片づけも共通なんですね。

実家が散らかっていて、物の海に埋もれていたら、そこから助け出すには、助ける自分は当然泳げなくっちゃいけないし、
親を救い出すだけの、ものすごい片づけの筋力=スキルが必要。

つまり、自宅も片づけられるだけの片づけ力がないと、親の家を片付けることはできないのです。

そして、ライフガードさんは、みんなが楽しく遊んでいる「平常時」も、常に危険がないかをウオッチしています。
いつも周りに気を配っているわけです。
泳いでいる人の安心を担保してくださっているのです。
実家の片づけでいえば、親が健康に安心安全に暮らせるように見守る、子世代の役割ですね。

スキル面もメンタル面も、たいへんなことなんです。
さらに、実家の片づけは、思い出や貴重品の片づけなどで、家族以外がレスキュー隊になれない面があるのが、海とは決定的に違うところです。
親子の関係は、世界に1つしかありませんから!

つまり、
実家の片づけは、自宅と実家のダブル片づけと、イコールなんです!!

こんなたいへんな実家の片づけに、自宅を片付けながら、多くの方が直面しています。
なにかひとつでもお役に立てるようになりたいと思います。

さて今日は、これから上尾市内で講座があります。
お会いできるのが楽しみです。

はな

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ