やさしい娘・息子ほど手が付けにくい!親がしまいがちな物の片づけ方

やさしい娘・息子ほど手が付けにくい!親がしまいがちな物の片づけ方

2015年05月03日
さて、このゴールデンウイークに、実家に帰省されている方も多いことでしょう。

いつも思うのですが、お休みの日に、自分のことはさておき、
実家の片づけをしようと思う方は、ほんとうにやさしい方だなあと思います。

実は、親に快適に暮らしてほしいと願う、やさしい娘、息子ほど捨てられなくて、
親がとっておく物があります。

それは、娘、息子に関する思い出です。

写真、通知表はもちろん、小さいころにかいた絵、習い事していたそろばんやサッカーのボール。
昔つくったプラモデルに、ランドセル、弾けないピアニカ。
娘さんや息子さんがすっかり忘れていた作文や絵など、
押入れに押し込まれていませんか。

おしいれ

子世代にとってはゴミみたいなものでも、親御さんにとっては、捨てられないものです。

なかには、実家を片付けたいと思っている、やさしい娘・息子ほど、
といいたくなるようなガラクタも、必ず混ざっています。
子世代にしては、忙しいなか、片づけにきたのですから、早く片付けたいと、
焦る気持ちがあっても、
決して親に、「こんなものとっておいて!」といわないでくださいね。

もちろん、通知表や写真など、大切な物は、無理に捨てる必要はありません。
とっておくのなら、きちんと出せる場所に、箱などに入れてラベリングして
思い出は思い出として、選んでとっておきます。
思い出は取り出せてこそ、物として生きてきます。
もちろん、親御さんと話をしながら片づけていきます。

かびがはえていたり、汚れていたり、捨ててもいいモノがあれば、
あとで後悔しないために、儀式のように写真にとってから捨てるのもいいですね。

一番危険なのは、押入れなどに戻してしまうこと。
それは、ひょっとするとそれはやさしさではなく、
単なる子世代に面倒な気持ちかもしれませんから、注意してください。

せっかくの機会ですから、仕分けをしながら、親御さんと会話をしながら片づけていく
機会にできるといいですね。

素敵なゴールデンウイークをお過ごしください。

アルバム

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ