新年度!家庭の書類を整理する3つの処分ワザ

新年度!家庭の書類を整理する3つの処分ワザ

 

お子さんもいよいよ新学期スタート、職場は本格稼働ですね♪
忙しいときこそ、家庭内では使いたい書類がぱっと出てきてほしいものです。

新年度は大量の書類を捨てられるチャンス! 
自宅・実家に共通する、家庭の書類整理3つの注目すべき、処分ワザをお伝えします。

1 期限に注目・この3月までの書類を処分

ちょうど新年度の切り替えなので、すぐに返事をしなければいけないもの、4月に手元にきた書類「だけ」を、整えます。
ファイルボックスなどを活用して、目につきやすいところにまとめます。
4月からの書類はそんなにないので、これだけで結構すっきりします。

3月までの書類を、この時期にまとめて箱などに入れてしまいます。
来年の3月にそのまま処分できるように、3月までの書類は、今から準備とも言えます。

この段階で本当にいらない、DMなどがあったら、もちろんピックアップして、処分できます。

領収書や契約書などのように、2年以上とっておいたほうがいいものもありますので、
そういったものだけは取り除いて、保管しておきます。

2 情報の内容に注目・スクラップを処分

雑誌記事や新聞のスクラップなどは、本当の意味で興味があれば、ノートにメモしておきましょう。
スマホで写真にとるだけでも安心できます。
いざとなったら、図書館で調べれば手に入ることがほとんどです。
それが面倒な情報なら、本当に必要な情報でない可能性が高いもの。
ほんとうに自分の興味や関心のあるものなのか、見つめ直すのも、コツです。

書類

3 鮮度に注目・古い情報を処分

気になるイベント案内、旅行のパンフレット、古い地図、通販の古いカタログなどです。
情報も進化します。
旅行に行こうと思っても、交通費は変わるし、
家具も毎年デザインが変わります。
野菜と同じように、情報にも鮮度があるのです。
近年は、とくに情報の鮮度が短くなってきているといわれています。

古い情報はいったんリセットすると、
新しい情報としっかり向き合える、「余裕」が生まれますね!
・・・・・・・・・・・・・・・
この4月にリセットして、新しいファイルをつくったり、
古い情報や書類を処分すると、気持ちがリフレッシュします。

ぜひ、ご自分の身の周りが整ったら、
「こんなにキレイになった」というのを、ご自分のお子さんや、
ご実家でお披露目してください。
きっといいことは伝わるでしょう。

新年度は、家の中に散らかっている、紙モノを処分するチャンス!
ただ忙しいと感じで過ごすのは、モッタイナイ。
きっかけを逃さず、ご一緒に片付けていけるといいですね。


ボックス

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ