難しいのはどっち?親が元気な実家の片づけVS遺品整理

難しいのはどっち?親が元気な実家の片づけVS遺品整理

2015年02月07日

「実家の片づけ」は、ほとんどの人が無関係でいられないですね。

「遺品整理」も同じです。

親が元気で生きているうちに、ケンカしながらでもする片づけと、
亡くなってから文句を言われないでする片づけ。
果たして、どちらが面倒なのでしょうか。

総合すると、親が亡くなってからする片づけ、つまり遺品整理のほうが、
つらく、悲しく、面倒です。

亡くなってしまうと、子どもからみると、すべてが思い出の品になってしまいます。
生きているうちはすぐにすてられた日用品の数々も、親が使っていたものだと思うと、
捨てられなくなってしまうのです。

「使う」ものをしまうという、片づけの判断基準がなくなり、
片づけで一番難易度の高い、「思い出」の整理になるからです。

話をするのが面倒だから、親が亡くなるまで
手が付けられないしムリ、という方がいらっしゃいますが、
まったくやらないよりは、ほんの少しでもやったほうが、数倍ラクです。

多少、ケンカしながらでも、親の意思がわかったり、重要品がどこにあるのかを
きいておいたり、思い入れのない物、思い出ものがわかれば、子どもとしては
残すものを選びやすくなります。

親が安心して暮らせる、身近な、新しい親孝行を、ほんの少しチャレンジするのも、いいですね。



■お礼♪新刊『プロが教える実家の片づけ』ダイヤモンド社 
みなさまのおかげで実家の片づけが本になりました。お礼申し上げます。
片づけの手順やリバウンドしないコツなど、ご参考になればうれしいです。
スマホで読めます Kindle版も登場▼
http://urx2.nu/g2Nm

立ち読み・かわいいイラスト♪悩みを解決するヒントです▼
http://www.diamond.co.jp/_itempdf/0201_biz/06292-0/HTML/list1.html

●ダイヤモンド社主催 刊行記念無料セミナー
ビジネスパーソンや忙しい人向け♪
・片づけ方・手順を知りたい人
・片づけられない人(親)
・片づけられない親をどうにかしたい人(子ども) におすすめです

渡部亜矢著者セミナー

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ