常識が通用しない親と実家を片付ける方法

常識が通用しない親と実家を片付ける方法

2015年01月28日

「スッキリが快適」という常識が非常識に!

実家の散らかりって、悩みが深いですね。

でも…今ある実家の「散らかった」姿は、「親なりに創意工夫を凝らした結果」。
親は物が溢れていてもちっとも困ってないのです。

それどころか、わざわざ物を減らして不安を増やしてまできれいな家に住みたいとは、
これっぽっちも思っていません。
スッキリした家が快適だという、子ども世代の常識は通用しないのです!

価値観の違いを乗り越える方法

では、親子の価値観の違いを、どうやって乗り越えればいいのでしょうか。

ビジネスの世界で、人と協同してプロジェクトを進める場合を
実家の片づけにあてはめて考えてみるとわかります。

意見が違う人と協力して物事を進めるなければいけないとき、
は、「共通のゴール」を持てばいいのです。

「このままじゃ危ないから一緒に防災のことを考えて片づけよう」
「健康で長生きしてほしいから、そのために片づけよう」
ということを親世代に伝え、共通のゴールをめざしていきましょう。

あなたもあてはまる!実家の片づけ・悩みベスト3

では、ゴールが決まっても、実際に、どう片づけを進めればいいのでしょうか。

実家の片づけをはじめようとしたときにつまずく悩みは、3つに集約されます。

●「片づけられない親をどうにかしたい」
●「どこから手をつけたらいいかわからない」
●「何度もリバウンドを繰り返すから、お手上げ」

1つでも心当たりがあったら、こちらで解決▼
http://urx2.nu/g2Nm

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ