実家は季節物の宝庫だ!日本のお家芸クリスマス~お正月片づけ

実家は季節物の宝庫だ!日本のお家芸クリスマス~お正月片づけ

2014年12月25日

季節の和洋折衷片づけは日本のお家芸!

日本人ってすごいな、と思う瞬間があります。
とくにこの季節、クリスマスが終わると、街中がいきなり和風となり、
お正月モードいっぱいになることです。
最近はこれにハロウインまで加わりましたので、
11月から12月まで、あわただしく変化します。

収穫祭だのキリスト誕生だのといううんちくは関係なく、
楽しもの、いいものをどんどん取り入れ、日本の文化にアレンジする、
いわば日本お家芸ですね。
でも、忙しい人にとってはたいへんです。

来年のために、今年使わなかったクリスマスの飾りは処分を検討しましょう。
1年なんてあっという間です。
適当にしまうとそのまま出しっ放しになったり、
来年みつからなかったり、無駄なお買い物をする羽目になりますから
今がチャンスです。

季節グッズは、ラベリングして一か所で保管するのが基本です。
クリスマスと書いた箱にしまいます。
重箱などお正月に必ず使うものがあったら、ついでに今から出しておきましょう。

そして、片づけるときは、
和洋中の文化の混合と、四季の変化があるということを、意識してみます。
まずは、好き嫌い、使う使わないだけでなく、
食器も洋服も、和洋中、四季折々という別の軸を意識して、
季節に追いかけられず、楽しんでいくという気持ちをもつだけで、前向きになるのでおすすめです。

季節モノの宝庫・実家の片づけ

実は、実家は「季節モノ」の宝庫。
この季節の片づけは、お正月用の使わないお膳がないかなどのチェックとあわせて、
ひな人形など、何年も出していないものをチェックするのもおすすめです。

実家には孫が大きくなっても眠っている、
赤ちゃん時代のクリスマス用のおもちゃなどが、案外、そのままとってあります。
悩まず処分できるものが結構あります。

難しく考えず、一時保管箱を利用して、選んでいくことから始めていきます。
今なら年末までの不燃ゴミ収集に間に合うかも!
もちろん、親の同意を忘れずに。

親子で語らいながら、日本のお家芸・和洋折衷文化と四季の変化、
昔の家族の思い出とともに、味わっていきたいものですね。


片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ