親世代が業者に頼みづらいワケ&頼みたくなる決めゼリフ

親世代が業者に頼みづらいワケ&頼みたくなる決めゼリフ

今や社会問題化している実家の片づけ。

講座で解決への糸口をお伝えしていますが、どのお悩みも、千差万別。
その悩みの深さといったら、ありません。

悩んでしまうよりは、専門家にまかせたほうが早くて確実なことが、
世の中にたくさんあります。その1つが片づけです。

今は、ご家庭内で家事に関するお困りごとでも、気軽に、
業者にアウトソーシングできる時代になってきました。
親世代には考えられなかった、新しいサービスです。

親世代が、片づけを業者に頼むのが難しい理由

手が届きやすくなった、片づけや家事代行サービスですが、
そうはいっても、自分の家庭内の、プライベートを見せるわけですから、
頼む側の心理は、不安や恥ずかしさなど、いろいろあります。

親世代、とくにいま70代以上の女性たちが過ごした世代にとっては、
片づけや家事・そうじは家族でやるもの、
近所の人や他人を入れることではないことです。

ましてや、外注するというのは、
自分の家事能力の低さを世間様にお伝えすることと思われている方も、
まだまだいらっしゃいます。

以前は軽々と持ち上げられたモノが、徐々に持ち上げられなくなり、
年齢を重ね、体力が劣ってきたことを、認めたくない、恥ずかしいと、感じている方も
多いことでしょう。

家事ができない、ダメな女性と、自らレッテルを貼り、
世間に知らせるようなことに感じる、とおっしゃった方も、いらっしゃいます。
とくに70歳以上の親世代が若かったころは、そんなサービスはなく、
家族以外に頼ろうとする発想すらないのですから、
サービスを使っている人が身近にいない環境では、無理もないことです。

親世代に片づけを他人に依頼することを納得してもらう方法

子世代といえども、立派な中年。体力も若い時にはかないません。
さらに子育てから仕事まで、
やらなければいけないことが、たくさんあります。

子世代がひとりで抱えて無理をすると、心や体が壊れてしまいます。
少子化ですから、ひとりに負担がかかることも、めずらしくありません。

そんな時、頼りになるのが、片づけサービスなのですが、
上記の理由もあり、依頼するのは、簡単なようでも意外と難しいことです。

対策としては、信頼できる業者さんをみつけることに尽きるのですが、
それだけでは、親世代は簡単には納得しないでしょう。

「近所の90歳の○○さんがお願いしている片づけサービスだよ」
「(タレントや有名人・親世代の尊敬する著名人など、)有名な人もサービスを使っている」
「高齢化社会なので、サービスを使うことは今では一般的」
「業者さんにお願いして、はやく楽にキレイにして、夏休みに孫を連れてくるからね」
「(重たいモノの移動、客間の片づけなど場所や、してもらいたいことを限定して、)
この部屋だけ、試しにお願いしてみようか」

など、いろいろな方面から語りかけて、納得してもうことから始めます。

とくにこれから暑くなり、熱中症になりやすい季節は、
「暑いから、片づけサービスさんにお願いしよう」
という語り掛けは、納得がいくフレーズです。

勝手に頼んでしまうと、あとがたいへんになりますので、ここはがんばりどころです。

もちろん子世代は、親世代が、片づけを外注しない理由や、
育った年代をしっかり理解したうえで、話し合いをしていくのがポイントですね。

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ