実家の写真・アルバム整理 意外な秘訣

実家の写真・アルバム整理 意外な秘訣

写真の整理は、いわば過去を選ぶ作業。捨てる過去もあります。たいへんな作業ですね。
とくに年齢を重ねるにつれて増える思い出と、
格闘することになっていきます。

写真やアルバム整理がたいへんな理由と、整理のコツをお伝えします。

 

写真が高級だった時代

写真は、思い出が詰まっているので、もっとも片づけの難易度が高いジャンルです。
ご高齢の方のお宅にまいりますと、クッキーの缶や箱に詰まった、
たくさんの写真が出てくることが、よくあります。
どんな方でも、生涯忘れられない、見ているだけで、心が穏やかになる写真もあることでしょう。

でも、少し前までは、写真は高級品で、気軽に撮るものではありませんでした。
ほんの10年ちょっと前までは、写真屋さんにお願いして、すべてプリントしていたものでした。

ピンぼけして失敗した写真、同じような景色の写真も、プリントされて持っている方もいらっしゃいます。
デジカメが普通の今では信じられないことになりつつありますが、
時代背景を考えれば、写真が捨てられないのは、無理もないでしょう。

ではどうすればいいのでしょうか。2つの意外なスキルをご紹介します。

一時保管箱の活用

大切な思い出・お気に入りを厳選するのと同時に、失敗した写真、同じような写真、
あまり好きでないショットなど、取り除きます。
ここで処分できる写真があれば、処分すればいいのですが、できなければ、
一時保管箱に分けていきます。
いわば、ベストアルバムには入らない写真を入れる箱です。

この一時保管箱(プレ捨てBOX)があることで、
ご高齢の方には、捨てない安心感を持ちながら、好きな思い出を厳選することができます。

写真を写真に撮る!意外な方法

ご高齢の方でも、携帯電話で写真が撮れるのは、ご存じの方が多いので、
捨ててもいいかな?ベストアルバムに入れなくてもいいかな?という写真を、写真で撮って、
データで残すということで、サクサク整理が進みます。

この方法を使えば、捨てるわけではありませんので、
古い写真は処分してもOKというご高齢の方も、結構いらっしゃいます。

そのほか、いろいろなスキルがあります。

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ