もっと健康になる枕元・寝室の片づけ

もっと健康になる枕元・寝室の片づけ

2014年03月14日

春眠暁を覚えず。うとうとするのが気持ちいい季節ですね。

1日の3分の1は快適になる!寝室片づけ

人は、必ず睡眠時間をとります。
1日24時間のうち、ざっくり8時間眠るとして、3分の1ぐらいは寝室で過ごすことになります。
つまり、寝室を片づければ、1日の3分の1を快適にすることなるわけですね。
ずいぶん大きい時間です!!
さらにこれからは、うたたねの季節を迎えます。
過ごす時間の大きさからも、ぜひ、やったほうがいいエリアです。

気が付くと、目覚まし時計、読みかけの本や新聞、メモやペン、
花粉症の方は手放せないティッシュなど、手の届く範囲=枕元に、
普段使いのモノが並んでしまいます。

体力のあるときは、このくらいですみますが、
体力が落ちてくると、布団を干すこともできず、薬や飲み物、
体温計や血圧計などの必需品が並んでしまいます。

あんまりモノが多いと、薬など、重要なものが取り出せなくなりますので、注意が必要です。

地震の時にも、枕元や寝室はモノが少ないほうが、安全。
枕元なら短い時間で片づけられますので、
ぜひ、ご高齢の方に限らず、若い方も、お子さんも、みんなで
枕元から始める寝室の片づけにチャレンジできるといいですね。

あなどれない枕元の掃除

掃除をするときのことをイメージしてみましょう。
枕元に限った話ではありませんが、こまごましたモノがたくさんあると、
モノを移動させてから、掃除をしなければいけないので、面倒になりがちです。
モノはなるべく減らした方がいいですね。

さらに枕元は、顔に近いので、ぜひ、清潔を保ちたいところです。
目に見えにくい髪の毛やふけなどもあります。
さらに、せっかく枕カバーを清潔にしていても、ベッドにちょっと置いたものが
たくさんあって、使わないモノがほこりをかぶっていたら、残念です……。

朝起きたらいったん片づけるなど、Ⅰ~2分でいいので、
片づける時間帯を設けるのがおすすめです。

春にうたたねするのなら、気持ちよくうたたねしたいもの。
気持ちよく眠って、もっと健康になる!枕元や寝室の片づけを進められるといいですね。

 

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ