迷ったら重要物の片づけを

迷ったら重要物の片づけを

2014年03月10日

 

使わないけれどとっておくモノがミソ!

片づけに時間がかかるのは、必要かどうか、自分の好みかどうか、
選んだり、考えたりしなければいけないからです。

たとえば、クローゼットの片づけが難しいのは、自分の好み、着心地、着ていく場所や季節など、
さまざまなシチュエーションを、イメージしなければいけません。
相当、時間がかかります。

それに比べて、重要物の整理は、好みや使い勝手は関係なく、保存しなければなりませんから、
考える余地はありません。
ただ、しまうだけです。
実は、迷っている時間がありませんから、片づけに時間はかからないのです。

通帳、印鑑、保険証券、診察券、権利証、貴重品、お気に入りの写真、
代々伝わる骨とう品、貴重品、その他重要書類は、
使わないけれど、必ずとっておく必要があります。
片づけるのに、悩む時間がかかりません。

しまう場所も、普段は見ることはないので、場所さえしっかり把握しておけば、基本的には見えにくい、取り出しにくい場所でも、大丈夫です。
納戸や戸棚などに、整理しながら、どんどん収納してきましょう。

重要物をきちんと仕分けしておけば、万が一、自分に何かあっても、
「ここを探せばある」ということが、はっきりしていますから、
これだけで、安心感が倍増!
さらに、その後の片づけの作業がスムーズに進みます。
何かあっても、周りの人はあわてなくすみます。
自分も周りも幸せになりますね。

 

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ