換気扇・吊戸棚(キッチン)危険な汚れスポット

換気扇・吊戸棚(キッチン)危険な汚れスポット

2014年02月10日

ご高齢の方のキッチンを見ていて、特にお悩みなのは、実はキッチン。
とくに、気になるのは、換気扇回り・吊戸棚です。

高い位置の換気扇・吊戸棚は汚れスポット

高齢になってから、「油ものはほとんど食べないので、換気扇は汚れていない」
という方がよくいらっしゃいます。
実は、私の実家もそうです。

換気扇に限らず吊戸棚のようなところは、高い位置にあるので、
高齢になると、手を延ばすのが、おっくうになりがち。
ましてや、踏み台に登って拭き掃除、なんて、危険です。
「換気扇・吊戸棚の落とし穴」です。

たとえ天ぷらを揚げることはなくなったとしても、
焼き魚や、ちょっとした煮物などをするうちに、
知らず知らずのうちに、油汚れが、こびりついているものです。

本や新聞を読むときは、必ずメガネをかける方でも、
料理や掃除でメガネをかけないので、気が付かないことも、あるかもしれません。

高い位置の換気扇・吊戸棚は汚れスポットなのです。
「油ものを食べていない」から、
「換気扇を回していない」から、
「普段使っていない吊戸棚」だから、という理由で、
「掃除をしなくてもいい」というのは、言い訳モード。
理由づけをする前に、汚れがこびりつく前に、掃除できるといいですね。

換気扇の羽やフィルター類など、はずせるものは、
家族がきたときにはずすように、お伝えしましょう。
重曹と石鹸水でつけ置きしてから、歯ブラシでこすると、
ごしごし力を入れなくても、汚れがとけてきます。
力を使わず、時間と、若い家族を味方につけて、掃除ができます。

もし身近に、換気扇周りをあまり掃除していない高齢者がいらしたら、
家族がいなければ、有償サービスを使ってもOKと、お伝えできるといいですね。

家族以外の人の手を借りるのは、恥ずかしいことでなく、
よくあることだと、少しずつわかってもらうのも、おすすめです。
踏み台から落ちて、けがをするよりも、よっぽどいいですよ。
安全第一。

 

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ