買物前のちょっとした “片づく”習慣

買物前のちょっとした “片づく”習慣

お正月、スッキリしたお部屋で過ごした方々も、
新春バーゲンや福袋の初売り情報に、心がうきうきする方も、多いことでしょう。

買い物前のちょっとした習慣でスッキリをキープ!

楽しいお出かけですが、家を出る前に、ひと呼吸入れるのが、おすすめです。
まず買い物に行く前に、お部屋の中を見回すのが、ポイント。

服を買いたい人は、クローゼットをチェックしてから、買い物に出かけましょう。

たとえば、黒が好きな方は、黒い服ばかりクローエットにあることを意識するとベター。
また同じものを買っちゃった!というように、同じテイストの買い物をしたり、
黒い服を買ったとしても、必要なモノだけ買えるので、後悔しなくてすみます。

片づけの現場に行くと、何枚も同じテイストの服があって、ご本人自身が、一番おどろくことが、
よくあります。
とくに、インナーや靴下など、安くすぐに買えるものほど、要注意です。

デパートに行く予定のある方は、ストック食品もチェック。
乾物や、麺類、缶詰など、「賞味期限が長いから」といって
福袋などで余計なモノを買わないようにしましょう。
小さなものを意識するだけで、キッチンはだんだんと、ラクに片づいてきます。

覚えているようで、覚えていないのが、冷蔵庫の中にある、冷蔵食品。
チーズやケチャップなど、日持ちするものだけでなく、生ものでも、あなどれません。
生鮮食料品を買う予定のある方は、冷蔵庫の中をざっと見てからでかけるというのも
おすすめです。

モノを増やさなければ散らからない原則

新年は、年末にきれいに片づけて掃除したお部屋をキープする、最大のチャンス!

買い物に行く前に、クローゼットやキッチンなど、見まわしてからでかけるなど、
ちょっとした習慣をつけるだけで、余計なモノを持たなくてすみます。

今年1年、すっきり過ごしたいという方は、
ぜひぜひ、新春から、ちょっとした、買い物前の新しい習慣を試してみてくださいね。
モノを増やさなければ散らからない原則を頭のすみにおけるといいですね。

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ