「女性目線で防災担う」「人権守る防災を」東京新聞

「女性目線で防災担う」「人権守る防災を」東京新聞

「女性目線で防災担う」

命が助かり、避難所に避難できたとしても、
避難所では、
子どもが泣いたらどうしよう、
着替えは? など、女性の悩みはつきません。

東日本大震災では、「災害弱者」といわれる方々への対応が不十分、ということがいわれました。
そのひとつとして、「女性目線」の防災対策に関する活動が、各地で動き出しているのです。
心強いですね。
行政も、女性の声を反映さえるシステムづくりに、力を入れ始めています。

もちろん、女性だけが、災害弱者ではありませんが、
現実として、乳幼児期のお子さんのそばにいるのは女性が多く、
介護の現場にしても、家の中にいる時間が長いのも、
女性が多いのは現実。

災害時に、女性のストレスが減れば、周りの方々のストレスも減らすことができますね。

すぐに、家の外での、社会的な活動ができない人でも、
家の中の防災はできます。

ストレス軽減するために、まず、自分の足元から、
できることから始めたいものです。


廊下・玄関のチェック

まずは、ご自分の身の周りを確認。

避難経路にモノが積まれていないか?
廊下にモノがないか?
玄関ドアの周りに、邪魔になるモノがないか?
窓をふさぐ大きな家具はないか?

チェックしたら、さっそく片付けてくださいね!
安心へのファーストステップです!

そして、家の中の防災は、
なんといっても、「モノを減らす」のが重要です!