リビングの散らかりを左右する!「いつものアレ」冬の小物片付け術

リビングの散らかりを左右する!「いつものアレ」冬の小物片付け術

2013年11月11日

急に寒くなりました。
…ひざ掛け、厚手のスリッパ、カイロなど、
「いつものアレ」どこにいったっけ?
と、思って、あわてた方も、いらっしゃることでしょう。

リビングの散らかりを左右する季節の小物類

冬になると「毎年」必ず使っている、「いつものアレ」。

こたつやじゅうたん、ラグなどのやや大きめのものから、
ひざ掛け、厚手のスリッパ、カイロなどの小物類まで
いろいろあります。

注意したいのは、小物類。

これまでのあたたかかった季節で使わなかったため、
今すぐしまえる場所が、
目につくところにないケースがよくあります。

それで、
リビングのダイニングテーブルや、サイドボードなど、
ちょこっと置きやすい場所に、
吹き溜まりのようになってしまうのです!

とくに、カイロや、手袋、マフラー類などが、要注意。

小物だと言っても、あなどれません!!

一番置きやすい場所イコール、目立つ場所なので、
「散らかり感」が倍増してしまうからです。

冬の「リビング散らかり」克服法

これからどんどん寒くなり、
厚手のコートを着るようになると、片付けが苦手な方の
お部屋は、たいへんなことになっていきます。
つい、コートを脱ぎっぱなしにしてしまうと……
お部屋は、今よりも、もっと散らかり感が拡がります。

ダウンなどの厚手のコートは、コートそのものだけでも、
大きく、スペースをとります。
“存在感”がありますね。
家族のうち、誰かが脱ぎ捨てただけで、「部屋は狭くなる」と言っても、
言い過ぎではないでしょう。

さらに、たいへんなことに、
コートを着ているということは、マフラーや手袋などの小物類も
もれなくついてきます!

それが、家族の人数分、リビングに集まってきたら、
散らかって当たり前とも、言えますね。

冬のリビング散らかりの解決策は、ずばり、
冬によく使う「いつものアレ」を置くスペースを、
今から確保しておくといいでしょう。

サイドボードや本棚の一角に、小物類を入れる、
小さな籠を置いたりするのが、
おすすめです。

リビングでついコートを脱いでしまう方は、
今まで使っていたモノの処分を考えて、
コートをちょっとかけられるスペースを確保できると、
さらにいいですね。

冬によく使う小物類を、「いつものアレどこ?」と
探し回ることなく、冬を過ごせば、気持ちまで、あたたくなります。

リビングの散らかりを左右する「小物片付け術」で、
多くの方が、心からあたたかい冬を過ごせますように☆

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ