どうする?重要な書類のしまい場所

どうする?重要な書類のしまい場所

2013年10月21日

「いざ」という時に出てこない!

預金通帳、家の権利証、保険証書などの大切な書類が、
「いざ」という時に出てこない経験をされた方も、
いらっしゃるかもしれません。

家族が病気で入院したときに、保険証の場所を、本人以外、
知らなくて困ったというケースや、実際に家を売ろうとしたのに、
権利証をどこにしまったか思い出せないという話も、よく聞きます。

片付けのサービスにうかがった時、整理棚や本棚の隙間から、
現金が出てきたり、重要な書類が出てくるケースもよくあります。

では、どうしたらいいのでしょうか?

どうする?重要書類のしまい場所

大切なモノは、泥棒が、家の中を10分ぐらいひっくり返しても見つけられない場所がいい、
という意見もあります。
けれども、しまった場所を忘れてしまったら、泥棒にとられたこともわかりません。

本当に大切な書類は、多少、料金がかかっても、
銀行の貸金庫などを借りるのがおすすめです。

それでも、貸金庫の鍵をしまう場所を覚えておかなければなりません。

いずれにしても、重要な書類をしまう場所は、
家族間で共有することがポイントになってきますね。

ぜひ、家族で話し合ってください。

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ