自己PR 人前で緊張しないスキル

自己PR 人前で緊張しないスキル

●謙虚を事実に変える

自己PRをする場面は、いろいろあります。
PTAからサークル、ビジネスの企画会議・プレゼンテーションetc.…

そんなとき、
謙虚さをなくして、事実を言えば、自己PRは、うまくいきます。

日本人、とくに女性は、「控え目」「謙虚」が
美徳といわれてきました。
ですから、
なかなか自己PRがスムーズにできないのが、ネックになっています。
人前で緊張する原因にもなっています。

今は、「誠実な人物です」「こんなことができます」ということを、
上手にアピールしていくことが必要な時代。
それは、「自慢」とは、まったく違います。
「控え目」だと、うまく伝わりません。
モッタイナイですね。

それでは、
きちんと伝えるには、どうしたらいいのでしょうか。

●人前で緊張しないプチ・スキル

たとえば、
「片付けが得意です」という主観的なことをいうよりも、
「片付けの資格を持っています」と、
事実を淡々と、堂々と言った方が、うまく伝わります。

「お花をたしなんでいます」というのなら、
「華道○○流の師範で、年に○回、展示会を開いています」と、
数字の効果をうまく使うのも、いいですね。

今まで、
「謙虚が美徳」という教育を受けてきた方々にとっては、
少しばかり気恥ずかしいかもしれません。
でも、決して自慢ではなく事実なのですから、、
堂々と言えます。

堂々と言えることは、堂々と言って、
上手に自己アピールをしましょう。

事実を堂々と言うのがポイント。
謙虚さ事実に変えれば自己PRはうまくいきます。

人前で緊張しないプチ・スキル。
少しでも、お役に立てば、うれしいです。

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ