粗大ゴミに出す手間とコストの相関関係

粗大ゴミに出す手間とコストの相関関係

梅雨のころですが、東京はあまり雨が降りませんね。
これはもう、片付けのチャンスです。
いまのうちに余計なモノをなくして、夏をむかえましょう。

 
わが家でも、
古い本棚を1本処分することにしました。

さっそく役所に電話して、粗大ゴミ回収の申込みをしました。

・・・ところが、
ほぼ1か月先の日程でした。

それまで、家の中に、カラッポの本棚が鎮座することになります。

しかも、900円かかります。

一緒に捨てるプラスティックの衣装ボックスは300円かかります。

合計1200円。

捨てるのが面倒になる瞬間です。

 
でも、申込みをして、回収代金のシールを貼って、
手帳に回収予定日を書きこんだら
もう本棚はなかったことになります。

面倒だけれど、捨てる手続きをするのが、正解です。
あとがうんと、ラクです。

粗大ゴミに出す手間とコストは、瞬間的なモノ。
いらないモノが部屋を占めていたら、
家賃的には、ずーっとムダが続くのですから,
永遠に続きます。

どちらがトクか、一目瞭然です。

なによりも、この本棚をみて、
「ああ捨てなきゃ。」と
思わなくていいのが、うれしいです。
精神的なメリットですね。

買うよりも、捨てる方が、エネルギーがいる時代。
悩ましいのは当たり前です。

瞬間的な粗大ゴミに出す手間に惑わされないで
処分できるものは、処分していけるといいですね。

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ