キッチン収納を広くする!?詰め込み解消のツボ

キッチン収納を広くする!?詰め込み解消のツボ

2013年03月18日

一日に何度も立つ、キッチン。
道具類が多いので、
使い勝手が命です。

使い勝手をよくするには、なんといっても、
取り出しやすさ・しまいやすさがキーワード。
料理の質にまで、かかわってきます。

 
たとえば、
ざるが、食器の下にかくれていて、取り出すのに時間がかかり、
野菜をゆですぎたりしたら
もったいないですね。

引出しや吊戸棚など、空間すべてに、、
いつの間にか、モノが入ってギュンギュン。

……なんてことにならないためには、
いったい、どうしたらいいのでしょうか。

まずは、一番使い勝手のよい引き出しに注目。
そして、
この1週間に、使わなかったモノをとりあえず出して、
使いにくい高さの場所に移す方法が
お勧めです。

そうはいっても、使い勝手の悪い棚に、
モノがキュンキュンに詰まっていて、
あまり使わないモノを収納できない方も
いらっしゃることでしょう。

そうすると、
せっかく1週間以上使っていないモノを選んでも、
しまうことができなくなってしまいます。

そういう方は、
1年以上使っていない大物系…
…つまり、ホットプレートやジューサーなどあれば
これを機会に処分することを検討してくださいね。
きっとすっきりすると思いますよ。

1週間以内に使ったモノを、使いやすい高さの収納に集めて、
できるだけ少ないモノを入れることを考えていくのが、
詰め込み解消のツボです。


当たり前だけれど、
わかっているつもりだけれど、
案外、見落としもあるものです。

ぜひ、見直してみてくださいね。

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ