クローゼットは「ムダ」と「余裕」の違いを知ればうまく片付く!

クローゼットは「ムダ」と「余裕」の違いを知ればうまく片付く!

2013年02月16日

春めいてきましたね。
明るめの服を選びたくなりました。
クローゼットを片付けたい季節の到来です。

クローゼットは、ムダと余裕の違いを知れば、
うまく片付きます。

一般的に、
「ムダなスペース」と言うと、
空いているスペースのことをさすことが、多いようです。

けれども、とくにクローゼットの場合は、
ぎっしり詰まっている状態のほうが、
「ムダ」という意味になります。

 
使わないモノ、余計なモノを買うことを、「ムダ使い」と言います。
着ない洋服を買って、クローゼットしまっておくことは、
お金をムダにするだけでなく、空間をふさぎます。
年間の家賃に換算すると、モッタイナイ話です。

それだけではありません。
本当に好きな服を選ぶのに、余計なモノがたくさんあると、
選ぶのに時間がかかってしまいますね。

逆に、クローゼットに余裕があるとどうでしょうか?

自分の持っている服を把握するのが簡単です。
明るい色を着たいな、と思ったら、
ぱっと取り出すことができます。
新しい服を買っても、吊るすスペースがあります。

片付けをしていくと、自分にとって、
何がムダで、何が余裕になるのか、
だんだんとわかってきます。
まさに、片付けの醍醐味。

クローゼットに限った話ではありませんが、
ムダと余裕の意味の違いを、しっかり掴むのも、
片付けのコツの1つです。

ご自分にとってのムダや余裕とは何か、
考えるのは、生活の一部になっていくと、素晴らしいですね。

 

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ