3つの「意外な収納」で快適ゲット!リビングの散らかり解決法

3つの「意外な収納」で快適ゲット!リビングの散らかり解決法

2013年02月11日

連休3日目。
そろそろ明日に備えて、リビングを片付け始めている方も
多いことでしょう。

リビングは、一般的に、一番使う場所.。
毎日使うからこそ、知らず知らずのうちに、
「リビングはこうでなくっちゃ」的な、
思い込みがある場所かもしれません。

そんな「思い込み」から自由になる、
おすすめの「意外な収納」を3つ、ご紹介します。


1 リビングに、ランドセル収納をつくる

実は、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭で、
よく聞かれるお悩みは、
学校から帰ってきたお子さんが
「ランドセルを子ども部屋に持っていかない」
というものです。

最近は、
「リビングで勉強した方が成績が伸びる」という教育ブームもあって、
お子さんがリビングで勉強するご家庭が、増えているようです。

勉強はリビングでするのに、ランドセルは子ども部屋、というのも、
無理があるのかもしれません。

家に帰ってすぐに、リビングに入って来るのは、
ご家族と話したいから。
とくにお母様と仲がいいということ。
ポジティブにとらえましょう。
ランドセルは子ども部屋というのも、思い込みの1つ。
リビングは、ご家庭によって違いますから。

どうしても、
子ども部屋にランドセルを持っていかない場合、
リビングに、ランドセル収納をつくってあげてはどうでしょう。
一時的なことです。
お子さんはすぐに大きくなります

何より、お母様がイライラしなくなります。
親子の会話がはずみ、
コミュニケーションが活発になるかもしれませんね。

2 リビングにハンガーラック(洋服の収納スペース)をつくる

ダイニングテーブルのお悩みで、よく聞かれるのは、
椅子に、脱いだ洋服が、
「ミルフィール」のように、どんどん
重なってしまうことです。

外から帰ってすぐに、
リビングで服を脱ぐのが、ラクなご家族が多いからでしょう。

 
とくに冬場は、コート類は特にかさ張るので、あっという間に
散らかった雰囲気になってしまいます。

クローゼットに戻すのが、無理なご家族なら、
思い切って、服をかける収納スペースをつくったほうが
片付きます。

ダイニングの椅子になにもかかっていないだけで、
ストレス減ですよ。

3 ダイニングテーブルの下に、新聞雑誌ストッカーを置く

リビングの片付けでお悩みで、よく聞くベスト3に入るのは、
いわゆる紙モノです。

読み終わった雑誌や、新聞などが、そのままになってしまうからです。

新聞雑誌ストッカーは、キッチンなど、
少し奥まったスペースに
置いてある方が多いようです。
それで、そこまで持っていくのが
おっくうになってしまい、そのまま、
ダイニングテーブルの上に置きっぱなしになっていることが
多いようです。

読み終わったらすぐに、しまえるように、
思い切って、ダイニングテーブルの下あたりに
配置するといいでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかがでしたか。
3つとも、
リビングでタブーだと思われていた収納ではないかと、思います。

「散らかり」について、
なぜ散らかるのかを、「解析」していくと、
解決法がみえてきます。

家族が片付ける習慣がついてきたら、
少しずつ隠す収納にランクアップしていきましょう。

リビングの散らかりを片付けるには、
いろいろな方法があります。

リビングは、本来、ご家庭によって使い方が違うスペース。

思い込みを減らして、
あきらめず、いろいろ試してみてくださいね。

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ