【Q16】「片づけ」は、どのくらいの頻度でするのが「普通」でしょうか。

【Q16】「片づけ」は、どのくらいの頻度でするのが「普通」でしょうか。

 【Q16】「片づけ」は、どのくらいの頻度でするのが「普通」でしょうか。

「片づけ」は、どのくらいの頻度でしたらいいのでしょうか?

みんな、どのくらいの頻度でしているのでしょうか。
クローゼットも、タンスも、キッチンも、いろいろ散らかります。平日は忙しくて、時間をとれません。

狭いキッチン

【A】片づけは、基本的には毎日、厳密には、「気が付いたとき」1日1回以上です。

 

片づけは、生活の一部なので、基本的には毎日します。

片づけは物を整えることです。余計な物を減らすことも含めます。

たとえとても忙しい仕事をしていて、家には寝に帰るだけの方でも、家に帰る前には、オフィスのデスクの周りぐらいは整えて帰りますよね。それも片づけです。

ですから、知らず知らずのうちにしていることもあるのです。

忙しければ、疲れていても、使った物をもとに戻せるぐらいの物の量まで減らしておくといいでしょう。

だいたい、疲れたり、体調がわるいときに、散らかるからです。

逆に体調が悪いと、片づけなどできないわけですから、多少、寝込んでも大丈夫なぐらいに、つかったら戻すをしていくだけでも、ずいぶんお部屋の様子が変わるでしょう。

片づけといっても、量も質もいろいろあります。
生活はライフスタイルともいいますから、人によって違います。
ほかの人の意見を参考にして考えることはできますが、最終的に判断するのは、この世で自分ひとりだけです。

判断というと大げさですが、毎日、試行錯誤を繰り返すうちに、だんだんと振れ幅が小さくなり、自分にあった質と量がかわってきます。

あきらめないというと、これまた大げさですが、毎日続けていくだけで、だんだん自分の軸に近付いていきます。

掃除についても、基本的に毎日します。

ちなみに、掃除は汚れを取り除くことですので、片づけとは分けて考えましょう。

掃除は、片づいてからでないとできません。物を取り除かなければいけないからです。

物を取り除きながらの掃除って、面倒ですよね。

ですから、掃除がしやすいように片づけていきましょう。
片づけたあとでないと掃除はできないので、楽に掃除ができるためにも、片づけていくのが、おすすめです。

掃除と片づけにかける時間ですが、たとえば、平日は忙しいので、15分を1回しかしないけれど、週末は質が違う片づけを、1時間するというのもあります。
トータルで、ご自身がふだん暮らしやすければ、それが適正といえるでしょう。

ほかの人が、いったいどのくらいの頻度で片づけているか、非常に気になりますね。
ここをいかに乗り越えていくかも、はやく片づくポイントとなります。
他人は、家の広さも持っている物の種類も中身も全然違いますから、横目で参考にしつつも、自分ならどうだろう?と常に考えていくことで、はやく適正に近付いていきます。

また、片づけも掃除も、行動としては種類が違うことですが、毎日するうちに、習慣となり、無意識に体が動くようになります。

そうすると、無意識なので、片づけも掃除も、分けるということがなくなってくるという一面はあります。
そうなってくると、完成形です!

でも、どんな形であっても、1日一回以上は、家の片づけをしてほしい、生活習慣の一部としてしてほしいと願っています。

だれにでもあてはまる「普通」というのはないので、自分のスタンダードを5分から始めてみてはいかがでしょうか。

まずは、自分の持っている物や部屋の汚れ具合をよく観察してみてくださいね。(渡部亜矢)