本棚の片づけ法

本棚の片づけ法

2012年11月15日

突然ですが、
お部屋の中にあるモノについて質問です。

本とほかのモノとの、決定的な違いは何でしょうか?

 
一番の違いは、
その人の関心ごとや、将来につながることが、
文字(ことば)になって、表れているということです。

その人が、どんな知識を得たいのか、という、頭の中身が、
外に見えたもの、と言ってもいいでしょう。

わかりやすい例としては、いわゆるノウハウ本です。

「コミュニケーションスキル」をみがく本が多くある方は、
これからコミュニケーションの力をつけていきたい、と、
思っている人でしょう。

「ダイエット」したいと思う方は、ダイエット本を、
「マラソン」のタイムを縮めたいと思っている方は、マラソンの本を
持っています。

何種類もある方は、
ジャンル別に分けて、本を片付けてみるだけで、
ご自分の中でやりたいことの優先順位が、
はっきりとわかってきます。

古い本は、自分がかつて興味を持っていたことです。
すでに克服してしまった内容も見えてきます。

新しい本は、これから自分がよくなりたい、克服したいと、
未来につなげて買っている内容です。

ですから、本棚は、どうして自分が持っているのかを
自問自答しながら、片付けるとうまくいきます。

本を手放せない方は非常に多いのですが、
自分が今、興味のあるテーマか、そうでないかを基準に考えながら、
片付けを進めていくと、うまくいきます。

実際にやってみると、手放す基準を決めやすく、
サクサク進むかもしれませんよ。

本の整理を進めていくと、
自分の中で決着がついたもの、
買ったけれど読む必要がなかったもの、
古い情報は、手放せるようになっていきます。

本を片付けることで、その人の「これから」「将来」を、
もっと輝かせることができます。

情報があふれかえっている現在、
本棚の整理・片付けをすることで、
ご自分に必要な情報を取捨選択できる力を、
つけることができます。

 

素敵なことですね!

アタマの中も、お部屋も、
自分にとって必要なモノだけ持ちたいですね。

タイプ別本棚の整理法については後日UP予定。
お楽しみに!!

片づきますように。

 

実家片づけ整理協会   渡部亜矢

 

片づけ最新情報とお役立ちブログ